役職・目的別社員研修なら、社員教育研究所

セクキャバの楽しみ方

営業スキルを鍛える セクキャバを楽しむときには飲み会や接待といった感じで遊びに行く方が多いと思いますが、1人で楽しむということも当然ありです。
例えば、会社帰りの自宅の近くにある居酒屋で軽く飲んで帰宅、と言った感じで、サラリーマンはもちろんのこと、経営者の方もそういった楽しみ方をするという人もいます。
1人で楽しく飲むためには、指名する女の子を1人に絞るところから始めます。
何度も喋りあって少しずつお客さんとキャストから、人と人の関係になっていくというのがセクキャバの醍醐味でもあります。
セクキャバ嬢に迫っていくときにはやっぱり1人の方がいいですよね。
ちなみに、セクキャバの場合はお触りが解放されたものとなっています。
サービスの中見としてはキャバクラと変わらないものであって、女の子が同じソファーに座ってお酒を飲みながら会話をするというものです。
セクキャバでの楽しみ方は、ここから更にセクキャバ嬢が衣装を脱いだ時に女の子との触れ合いを楽しむといったところです。
胸を触る、舐めるといったことはもちろん、セクキャバ嬢とのキスをすることだってできます。
ガールズバーやキャバクラの楽しみ方に加えて、ちょっと過激な楽しみ方ができるというのがセクキャバというところになります。

セクキャバってどんなところ?

東京にあるセクキャバで働きたいと思ったらどうしたらいいでしょう。
まずはセクキャバはどのようなことをする仕事なのかということを知っておきましょう。
東京でもどこでもそうですが、セクキャバは男性の陰部へのサービスは無いのですが、自分の胸を揉ませるなどで男性を楽しませる仕事になります。
お店によっては下半身へのサービスがある場合もあります。
女性は下着やトップレスの姿での接客が一般的なものとなります。
基本的なサービスは、お客さんのお酒の相手、胸へのお触りや胸を舐められるといったものとなります。
ある程度は過激なサービスを求められる場合もあります。
キャバクラ的な接客とプラスしたものであるため、ボディータッチができるキャバクラという仕事だなと思ってもらえればいいでしょう。
ほとんどのお店では、1回の接客が20分から40分程度になっていて、その接客が終わったら、次のお客さんにつくといった流れになります。
働きたいと思った場合には、容姿がそれなりに求められる仕事ではありますが、何よりも大切なのはお客さんに楽しんでもらいたいというサービス精神です。
高い時給が欲しいという方や、上半身だけならばお触りOKという方も向いている仕事と言えるでしょう。

セクキャバの情報ならココ!

童貞が風俗(セクキャバ)行ったら、いろいろ変わった気がする

hatelabo

新宿周辺のセクキャバ・おっパブ・キャバクラ・ランパブ等のお得な情報や女の子ブログ等公開中

セクキャバ 新宿